本当の持ち家になる日が来るんです

本当の持ち家になる日が来るんです

アパート投資など不動産投資においての最大のメリットとは、融資された金額を完済することができれば完済終了した時点で、その物件は純資産、つまり負債がないきれいな物件になって自分の財産になるということです。

通常の投資というものは購入したものを売却して初めて利益が確定します。

その売買差額がプラスなら成功、マイナスなら失敗ということになります。

不動産投資も基本的には同じですが、ここに融資の完済というワードが入ってくると、通常の投資とは違う面が見えてきます。

アパート投資などで獲得した収益不動産は残債がなければ、その土地を維持するのにお金をかけることが少なくなるので家賃収入がほとんど利益になります。

融資金額を完済さえすれば、アパート投資で獲得した不動産の資産価値はオーナーである自分のものとなり、その土地が賃貸物件として需要があるのなら利益を生むことになります。

ちなみに純資産は『資産総額-負債総額』なので、金額がマイナスになっても純資産と呼びます。

不動産投資家の実態とは

最近は不動産に投資をする個人の投資家の話しをよく耳にします。

その中で意識を高く持ってアパート投資などの不動産投資に取り組んでいる方というのは、ライバルでもあり同じ道を行く仲間でもあります。

しかし、そんな『まじめ』な個人投資家は投資家全体の中でもごく少数なのです。

多くの賃貸物件オーナー、いわゆる個人投資家は素人感覚で、この業務を行っていると言われています。

特に裕福な方だと空室を埋めよう、入居を増やそうなどとする気持ちが薄いようです。

中には税金対策として、もう使用できないような古いアパートを賃貸募集中にして放置しているパターンもあるようです。

土地は更地よりも住宅用物件として所有していたほうが税金を安くすることができるための措置です。

アパート投資で迷う

アパート投資などの不動産投資にまじめに取り組んでいる個人投資家の方なら空室リスクを変に怯える必要はありません。

むしろアパート投資にしっかり力を入れて、需要を調べれば必ず空室に入ってくれる入居者は見つかるはずです。